アフターファイブを考える

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

9月に入りようやく朝晩の気温が下がったと思ったら、湿度が高過ぎて余計過ごしにくいです。

 

さて、今日はアフターファイブ(仕事が終わってからのプライベートな時間)の過ごし方について考えてたいと思います。

スポンサーリンク

現在のアフターファイブ

私のアフターファイブは夕食の準備から始まります。

 

夕食を終えた後は食後の運動ということで筋トレを少しだけやります。

基本的に2〜3分のYouTubeを見ながら体を動かす程度です。

 

短い時間でも汗をかくので、筋トレの後は風呂に入ります。

風呂上りは体がほぐれているので、ストレッチをします。

 

目標は180度開脚をすることですが、現在は30度くらいしか開きません。

19時前後には妻と子供とのテレビ電話をします。ほぼ毎日欠かさない習慣です。

 

そして、夕食の後片付けや翌日の朝食に向けてご飯を炊いたりします。

ここまでで大体19時30分から20時です。

 

そして、最近はここからブログを書いています。かかる時間は30分から1時間程度。

そして歯を磨いて21時には就寝するようにします。

 

もし余裕がある時は録画したテレビ番組を観たりしますが、1時間以上の空き時間を作るのはなかなか難しいです。

そのため、帰宅してから就寝までは結構慌ただしく動いていることが多いです。

理想のアフターファイブ

現在のアフターファイブも充実していて、不満がある訳ではありませんが、強いていえばもう少しゆとりが欲しいとは思います。

ゆっくりテレビを観たり、読書をしたり、ぼーっとする時間があっても良いと思います。

 

しかし、朝4時に起床することを目標としているため、睡眠時間を確保するためには21時就寝を後ろにずらすことはできません。

ということは、今現在アフターファイブにしていることのどれかをやめるか、時間を短縮することで自由時間を増やすしかありません。

 

現在の夕食、筋トレ、風呂、ストレッチ、後片付け、ブログ、歯磨きのどれもやめることはできないように思います。

むしろ、必要最低限のやることリストを作ったくらいなので、これらのタスクは欠かすことができません。

時間短縮は可能か

では、時間短縮ができないか考えてみます。

おそらく、時間短縮ができるだろうと思うのは夕食です。

 

夕食を作る時間をうまく短縮することができれば、最大で30分くらいは時間短縮できるのではないでしょうか。

夕食に費やす時間を短縮する方法を次回は考えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました