【読書記録】どん底からの成功法則 堀之内久一郎

お薦め本
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

先日、年収と読書量は比例するという記事を書いた時、図書館に本を借りに行きました。

年収が高い人ほど本を読んでいる。年収と読書量の関係。
こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。 皆さんは1年間に何冊の本を読んでいますか? 実は、年収が高い人ほど本を読んでいると言われています。 そこで、今回は私の趣味でもある読書と年収に関わる話です。 年...

その時借りた本が面白かったので、今回は皆さんに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

どん底からの成功法則 堀之内久一郎

株式会社生活倉庫の社長であり、日本テレビ系「マネーの虎」にも出演していたことから堀之内社長を知っている人は多いのではないでしょうか。

堀之内社長は本のタイトルにもある通り、人生のどん底を経験しています。

具体的に言えば、年商102億円の社長になる前はホームレスを経験しているということです。

振り幅が大きすぎてとても驚きましたが、この本にはそんな堀之内社長だからこその言葉が数多く詰め込まれています。

その中から一つだけ、最近の私の生活に大きな影響を与えてくれた言葉を紹介します。

とにかく「速さ」にこだわり、突風で勝負せよ

私はどちらかと言えば、物事をすぐに判断することが苦手です。

慎重と言えば聞こえはいいですが、判断を後回しにした結果、後手後手に回ってしまうことも少なくありません。

しかし、堀之内社長は次のように述べています、

成功とは、とにかく速さにこだわり、行動しながら多くのことを考え、次々に新しい意思決定を繰り返した結果、その選択肢が増えたおかげで導き出せたたくさんの選択肢のなかのひとつであると私は常々思っています。
出展元:どん底からの成功法則

失敗が怖くて慎重に行動してしまいがちですが、失敗するということは上手くいかない方法を見つけ出す過程の一つだと思います。

一つ失敗することができれば、次の方法を考えるようになりますし、また失敗したとしても再び新しい方法を試すしかありません。

そうやって選択肢を徐々に増やしていった結果、最後には成功を導き出せるということだと思います。

良いか悪いかの判断は実際に物事に取り組んでみなければわからないので、少しでも良さそうと思えば取り組んでみる、逆に悪そうだからやめようという判断を瞬時に決定することが重要です。

この考え方にとても納得した私は、次の日から仕事やプライベートでとにかく「速さ」にこだわるようにしました。

実際にやってみるとすぐにその効果を実感することができます。

これまで少し面倒だから後にしようと思っていた仕事も、すぐに取り掛かることで予想外の発見があったり、失敗したとしてもすぐに次の方法を試すことでいち早く成功までの過程を知ることができました。

速さ」にこだわることは思ったよりも難しいことではなく、目に見えて効果を実感することができるので、皆さんもぜひ「速さ」にこだわってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました