早起きチャレンジに挑戦しています。

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

私は早起きがとても苦手です。

早朝から予定がある時はいつも時間ギリギリで行動していましたし、遅刻しそうになることも度々ありました。

しかし、社会人として早起きは必須スキルですし、早起きは三文の徳ともいいます。

そこで、これまで幾度となく挑戦してきた早起きチャレンジに再び取り組んでみました。

スポンサーリンク

目標起床時間を設定する

まず、目標とする起床時間を設定します。

私の場合は、職場での始業時間から逆算して何時に起きるか検討し5時に設定しました。

また、起床時間だけではなく必要な睡眠時間から逆算して就寝時間を設定することも大切です。

私は6時間の睡眠時間を確保するため、毎晩23時には就寝することにしました。

早起きチャレンジの結果

早起きチャレンジに取り組むにあたって大切なのが毎朝の起床時間を記録することです。

週毎に起床時間を見直し、翌週の対策を考えたりすることができます。

それでは私の早起きチャレンジの結果を少しだけ紹介します。

早起きチャレンジ 1週目

月曜日 5:04

火曜日 5:44

水曜日 6:00

木曜日 5:56

金曜日 6:20

土曜日 5:00

日曜日 7:30

月曜日は目標通り起床することができましたが、火曜日からは予定より1時間ほど寝坊した結果となっています。

ちなみに土曜日は早朝からゴルフの予定があり、こういう時だけはしっかり起きることができています。

早起きチャレンジ 2週目

月曜日 記録なし

火曜日 5:10

水曜日 5:16

木曜日 6:14

金曜日 7:07

土曜日 5:00

日曜日 7:00

週前半は頑張って早起きしていますが、やはり週後半になるにつれて徐々に起床時間が遅くなり、金曜日に至っては目標より2時間寝坊した7時起床となっています。

早起きチャレンジ 3週目

月曜日 5:20

火曜日 5:01

水曜日 5:01

木曜日 5:00

金曜日 5:01

土曜日 5:10

日曜日 5:20

この週は1週間を通して見事に早起きを達成することができました。

休日も平日と同じ時間に起きることで自分の時間を確保できるようになりました。

また、早起きの効果かわかりませんが夕方になってもあまり疲れを感じなくなりました。

早起きチャレンジに挑戦してみて思ったこと

早起きチャレンジに挑戦してみて、改めて早起きの良さを実感することができました。

朝の時間というのはまだ周りが活動していないので、比較的静かな環境で過ごすことができ、集中力が高い状態を保つことができます。

また、仕事についても始業前に十分な準備の時間を確保できるため、余裕を持って仕事に取り掛かることができ、結果として残業時間削減に繋がっています。

早起きを始めてから良いことづくしだなと感じ始め、逆に早起きしないことで損をするのがもったいないように思っています。

皆さんも一緒に早起きチャレンジに取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました