28歳会社員の家計簿を紹介します。(2019年7月編)

家計簿紹介
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

私は普段から家計簿を作成していますが、なかなか見直して振り返りをすることが少ないので、今回は記事にまとめたいと思います。

毎月の予算が固定費と変動費に分かれていますが、固定費は毎月変わらないので、変動費だけご紹介します。

また、家計簿では給料日~給料日の前日を1月単位としていますので、今回ご紹介するのは7月25日~8月24日の期間になります。

スポンサーリンク

7月の家計簿を紹介

7月の予算と実績は下記の通りです。

食費

予算 5,000円 実績 18,076円 残 -13,076円

普段は会社へ弁当を持っていくため、掛かる食費は飲み物代くらいですが、今月は外食する機会が多く、予算を大幅に上回ってしまいました。

特に、1回当たりの購入金額が1,000円以上だったのは2回しかないので、頻繁に外食をしていたことが分かります。

塵も積もれば山となるなので、次月はできるだけ弁当生活を頑張ります。

交通費

予算 20,000円 実績 50,640円 残 -30,640円

車社会の青森県ではガソリン代がかなり掛かります。

予算も20,000円と多めに見積もっていますが、いつもギリギリだったと思います。

今月の3万円オーバーは、友人の結婚式へ行くための新幹線代なので、ガソリン代としては概ね予算内でした。

趣味・娯楽費

予算 8,000円 実績 24,745円 残 -16,745円

趣味・娯楽には一人で遊んだ時の支払いが計上されます。

今月は気まぐれで購入した宝くじや、ギャンブルによる出費が大きく影響し、予算を大幅に上回ってしまいました。

次月は1ヶ月の予定を月初に決めてしまい、時間があるからという理由で予定外に遊びに行くことを防ぎたいと思います。

日用品費

予算 2,000円 実績 366円 残 1,634円

日用品については毎月発生するものではありませんが、一応予算を割り当てています。

月によって実績が上下する科目でもありますが、今月は極端に少なく、無事に予算内に収まりました。

衣服・美容費

予算 10,000円 実績 10,584円 残 -584円

衣服・美容には洋服代と美容院代が毎月計上されます。

洋服についても月額定額サービスのleepを利用しているので、月によって大きな変動はなく、ある程度一定の実績になっています。

交際費

予算 20,000円 実績 47,250円 残 -27,250円

最も予算をオーバーしてしまう科目が交際費です。

今月は特にお盆があったため、飲みに行く機会も多くなり、結果として3万円近い赤字になってしまいました。

こちらも趣味・娯楽費同様に、あらかじめ1ヶ月分の予定を決めてしまい、予算をオーバーするようであれば飲み会を断ることも必要かなと思います。

その他

予算 2,000円 実績 1,296円 残 704円

合計

予算 67,000円 実績 152,957円 残 -85,957円

予算に対し約86,000円の赤字となってしまいました。

お盆期間ということでお金を使う機会が多かったとは思いますが、さすがに使いすぎだと反省しました。

今月の良かった点・反省すべき点

今月の良かった点は、ほぼ全ての科目で赤字となりながらも、家計簿をつけ続けたという点です。

そのため、こうしてしっかりと振り返りをすることができました。

 

反省すべき点は、お金を使うことに対して計画性が全くないということです。

次月は月初にしっかりと計画を立て、予算内で収まるようにします。

まとめ

家計簿をつける事は大切なことだと思いますが、より大切なことは家計簿を見直してお金の使い方を改善することだと思います。

今までは振り返りをすることがありませんでしたが、これからは毎月振り返りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました