単身赴任におすすめのインターネット環境

サラリーマン
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

私は2020年4月から東京で単身赴任をすることになり、アパートでのインターネット環境を新たに整備しました。(以前のアパートには無料Wi-Fiが付いていました)

知識が乏しいながらも一生懸命調べたので、私がどのようにして現在のインターネット環境を選んだのかご紹介します。

スポンサーリンク

私が求めた条件

インターネット環境を手配する時に、これだけは譲れないなという点があれば意思決定がスムーズにできると思います。

参考までに、私がインターネット環境に求めた条件をご紹介します。

すぐに手配ができる

私はスマホを格安SIMで利用しており、高速通信量は3GB/月しかありません。

一方で、YouTubeで動画をよく見るのでWi-Fiなしではすぐに通信量を消費してしまいます。

また、在宅勤務に伴い家でパソコンを利用する機会も増えるため、なるべく早く手配できることが必須条件でした。

月額料金が安い

これまでは無料でWi-Fiを利用していたため、インターネット環境の整備に伴う工事費用や、月額の利用料金をできるだけ抑えたいと思いました。

通信速度が安定、ストレスなく利用できる

月額の利用料金を安く抑える一方で、通信速度が遅ければ意味がありません。

在宅勤務時の仕事はもちろん、休日の動画鑑賞をストレスなく行える通信速度は確保したいです。

すぐに手配ができるのはモバイル回線

家でインターネットを利用するにあたり、モバイル回線光回線のどちらを利用するか考えなければなりません。

両者の違いは月額料金や通信速度、速度制限などいくつかありますが、私が思う大きな違いは工事が必要かどうかです。

光回線は工事が必要なのに対し、モバイル回線は申し込みから数日でモバイルルーターが送付され、到着後にスイッチを入れるとすぐに利用できます。

ちなみに、私の知人は光回線の工事の日程調整がつかず、しばらくの間、工事待ちの期間が発生していました。

なるべく早くインターネット環境を整えたいため、私はモバイル回線を利用することにしました。

私が4月中旬に申し込みをした時は、申込日の翌日にルーターが発送され、翌々日に手元に届きました。

今回は単身赴任向けの紹介のため、1回線を1人で利用する場合を想定しています。家族など複数人で1回線を利用する場合は光回線がおすすめのようです。

月額料金を抑えるためには

次に、モバイル回線の中で月額料金が安く通信速度も問題がない、つまりコスパを良くするための方法を調べました。

 

まず、モバイル回線の利用は、

  1. モバイル回線を提供する会社
  2. プラン(データ容量が無制限かどうか)
  3. ルーターの機種
  4. プロバイダ

これらの組み合わせで様々な種類があることがわかりました。

 

複数のサイトを見比べ、最もコスパが良さそうだったのは

  1. UQWiMAX
  2. ギガ放題プラン
  3. W06
  4. GMOとくとくBB

上記の組み合わせです。(2020年4月時点)

そのため、私はこの組み合わせで申し込むことに決めました。

比較する時は単純な月額料金ではなく、キャッシュバック等を含めた実質月額料金で比較しました。

実際に使ってみた結果

上記の内容で申し込みをし、実際にインターネットを利用してみました。

結果は、仕事も動画鑑賞も全く問題なく利用することができました。

今回申し込んだギガ放題プランは、3日で10GBを超えると速度制限がかかるプランですが、こちらもあまり気にすることなく利用できています。

 

気になった点を強いて挙げるとすれば、モバイルルーターの電池の消耗が意外と早かったことです。

気が付いたらルーターの電池がなくなり、Wi-Fiの接続が切れているということが何度かありました。

現在は省電力設定や、在宅時はなるべく充電したままにすることで対応しています。

長時間の外出時などは使用しない時に電源を切るなど工夫した方が良いかもしれません。

まとめ

今回は単身赴任かつできるだけ早めにインターネット環境を整備したい人向けに私の経験を踏まえながら記事を書きました。

それぞれの利用者によって求める条件が異なると思いますので、あくまでも参考の1つとして見ていただけると助かります。

もし、私と同じような条件の方がいましたら、上記組み合わせの申し込みを検討してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました