本気で定時退社に取り組みます。

サラリーマン
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

皆さんは定時で退社することができていますか。

私は昨年は全くと言っていいほど定時で退社することはありませんでした。

しかし、今年から「働き方自己改革」を実践し、定時で帰ることを基本としています。

皆さんもぜひ一緒に本気で定時退社に取り組んでみませんか。

スポンサーリンク

定時で退社するべき理由

定時だから

定時で退社するべき理由としてまず挙げられるのが「定時だから」です。

これを聞くと驚く人もいるかもしれませんが、会社では働く時間が決まっています。

皆さんが寝坊しなければ始業時間までに出社し、定時になると退社することがそもそも当然のことなのです。

副業に取り組む時間を作る

毎日のように定時で退社することができると、驚くほど自由な時間が確保できます。

その自由な時間を活用して副業に取り組んでみてはいかがでしょうか。

現在の年金制度では私たちの老後は資金不足になることが分かっています。

また、現在勤めている会社がこの先ずっと続いていくかも不透明です。

自由な時間を確保し副業に取り組むことで、皆さんも働き方自己改革に取り組んでみてはいかがでしょうか。

定時退社 実践1日目

ということで、今日から毎日定時に退社しようと心に誓い実践してみました。

結果からいえば30分程の残業をしてしまいましたが、いつもよりは早く退社できました。

今回の実践で学んだことは

  • 定時で帰るという意識が大切
  • 電話は時間がかかるので用件はなるべくメールを使う
  • 1日のやるべきことを明確にする
  • 雑談は必要最小限にする

ということです。

また、定時退社ができなくなる要因として

  • 当日にやるべき仕事量が多すぎる
  • 定時間近の仕事依頼
  • 仕事以外の無駄な時間が多すぎる

などが挙げられます。

実践してわかったことは、しっかりと計画を立てて定時で帰る意識を持ち続けられれば、残業時間は格段に減らすことができるということです。

今日は30分の残業となってしまいましたが、定時退社チャレンジはこれからも続けていきたいと思います。

まとめ

働き方改革といってもまだまだ社会には浸透していないように思います。

会社や制度が変わるのを待つのではなく、自分から改革を実践するのも楽しいです。

皆さんも働き方自己改革の一環として、定時退社に取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました