単身赴任の一人飯紹介①

青森県の魅力
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

4月から東京で単身赴任をしていることと、新型コロナの影響で外食ができない影響から自炊をする機会が急に増えました。

基本的に切るだけか焼くだけの簡単料理ですが、せっかく作ったからには誰かに見てもらいたいと思ったので、少しだけ紹介しようと思います。

スポンサーリンク

1度作ると2〜3日は料理不要 カレー

まず最初に紹介するのはカレーです。

1度に大量に作ることでその後2〜3日は全く料理をする必要がなくなります。

ただし、カレーだけだと飽きるので右上のような副菜(今回はほうれん草とにんじんのゴマ和え)も一緒に作ると良いです。

青森に住んでいた時は出来上がったカレーを鍋に放置していましたが、東京は気温と湿度が高いので、もしかしたら冷蔵保管が良いかもしれません。

冷しゃぶ用の豚肉を茹でるだけ 冷しゃぶ

次に紹介するのは冷しゃぶです。

冷しゃぶは豚肉を茹でるだけの超簡単料理ですが、結構ご飯が進むおかずなので重宝します。

流石に豚肉だけだと飽きるので、栄養や見栄えも考えてキャベツの千切りを添えるのがポイントです。

この日は卵が余っていたため、味噌汁も追加で作りました。

余った野菜を切って炒めるだけ 肉野菜炒め

続いては肉野菜炒めです。

いろいろな料理を作った時に出る半端になった野菜を適当な大きさに切り、豚コマ肉と炒めるだけの簡単レシピです。

味付けは基本的に塩コショウのみですが、青森県民なら誰もが知っている「スタミナ源たれ」をかけても美味しいです。

休日のお昼に最適 味噌ラーメン

続いてはお昼ご飯に作った味噌ラーメンを紹介します。

味噌ラーメンはサッポロ一番を茹でただけですが、それだと少し寂しいと思い先ほど紹介した肉野菜炒めの残りと刻んだネギをトッピングしています。

これでボリュームもあり野菜も取れる、美味しい味噌ラーメンの完成です。

皮をむいて切るだけ 野辺地葉つきこかぶ

次は私の地元である青森県の特産品、野辺地葉つきこかぶです。

このこかぶは生で食べることができ、とてもみずみずしく、とても甘いです。

今回は皮をむいて薄切りにしました。

皿の左上にあるのは味噌とマヨネーズを1:1の割合で混ぜた味噌マヨソースです。

これだけでおかずにも酒のつまみにもなり、1度食べ始めると手が止まりません。

ぜひ一度食べてみて下さい。

まとめ

料理をすることがなければ、料理の写真を撮る機会もなかったので、非常に見にくい料理紹介となってしまい、大変申し訳ありません。

これにめげずに、これからも料理紹介を続けたいと思いますので、興味がある方はぜひご覧になって頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました