単身赴任の一人飯②

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

毎週日曜日を勝手に「お風呂の日」と決めて、普段はシャワーだけですが日曜日は浴槽にお湯をためて入浴剤を入れ、のんびり過ごすのを楽しみにしています。

 

さて、前回は単身赴任になってから料理をする機会が増えたということで、「単身赴任の一人飯①」をご紹介しました。

単身赴任の一人飯紹介①
こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。 4月から東京で単身赴任をしていることと、新型コロナの影響で外食ができない影響から自炊をする機会が急に増えました。 基本的に切るだけか焼くだけの簡単料理ですが、せっかく作...

今回はその続きをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

安くて簡単 鳥ももを焼いたやつ

まずは鳥ももを焼いたやつです。

美味しくご飯が食べられればそれで良いので、料理名がない場合が多いです。

基本的に「食材+調理法」が料理名になります。

 

今回の鳥ももを焼いたやつは、料理名の通り、鳥もも肉をフライパンで焼いただけです。

鶏肉は牛肉や豚肉に比べて値段が安い割に、味はさっぱりしていて美味しいので重宝しています。

また、ネギとの相性抜群なので、よくネギと一緒に調理します。

 

ただし、一品だけだと少し寂しいので、今回は冷奴とこかぶの浅漬けを副菜にしました。

冷奴はパックから取り出しただけだし、こかぶは切って塩で揉んでおいただけの超簡単料理です。

品数が多いとそれだけで豪華に見えるので、皆さんにもぜひおすすめします。

たまには魚も食べたくなる カレイを焼いたやつ

次に紹介するのはカレイを焼いたやつです。

一人暮らしで自炊をしていると、どうしても肉に偏りがちですが、たまには魚も食べたくなります。

そこで今回はカレイの切り身を買ってきて、フライパンで焼いてみました。

魚焼きグリルもありますが、掃除がめんどくさそうであまり使いません。

 

今回もカレイだけだと寂しいので、茹でたアスパラと味噌汁も一緒に作りました。

肉に飽きた頃に食べる魚はとても美味しく、肉が全くないのに信じられないくらいご飯が進みました。

和食に目覚めて シャケと納豆たまご焼き

前回のカレイから肉を使わない料理に目覚めて、純和風の料理を作ってみました。

シャケは切り身をフライパンで焼いただけです。

次回は魚焼きグリルに挑戦してみようと思っています。

 

また、今回も冷蔵庫に残っていた卵と納豆を使って納豆たまご焼きを作ってみました。

以前、居酒屋で食べたことがあったので挑戦してみましたが、巻くのがとても難しかったです。

やっぱり肉が食べたい 豚肉ともやしを炒めたやつ

魚が続きましたが、やっぱり肉が食べたくなります。

今回は料理本を参考に豚肉ともやしを炒めてみました。

味付けは調味料をいろいろ使った気がしますが覚えていません、でも美味しかったです。

 

豚肉の奥にはジャガイモが隠れています。

こちらもレンジでチンしただけの超簡単料理ですが、付け合わせとしては十分美味しく頂けました。

新しい食材に挑戦 豚肉とズッキーニとにんじん炒め

最後は新しい食材に挑戦してみました。

最近はスーパーに行くとズッキーニをよく見かけます。

しかも値段は1本98円〜88円くらいで結構お値ごろに感じます。

そこで、今回は今まで食べたことがないズッキーニに挑戦してみました。

 

調理方法がわからなかったので、とりあえず輪切りにして豚肉と彩りのにんじんと炒めてみました。

見た目は大きなきゅうりのズッキーニですが、炒めて食べてみるとシャキシャキするというよりは、若干のほくほく感と若干のジューシーさがありました。

 

あとで調べてみると、ズッキーニはきゅうりの仲間ではなく、かぼちゃの仲間でした。

確かにかぼちゃの仲間と言われれば、食べた感じは似ているような気がします。

新しい食材でしたが美味しく頂くことができました。

まとめ

普段あまり食べる機会がない魚やズッキーニといった新しい食材に挑戦すると、新しい美味しさに気付くことがわかりました。

これからもスーパーに行って新しい食材を探し出したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました