副業について考える

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

 

ブログの毎日更新を宣言していたにも関わらず、2週間以上も更新が途絶えていました。

また、前回のブログで目標にしていた「デスクの整理整頓」も未だに手を付けられていません。

改めて自分の継続力の無さを実感しています。

 

さて、今回はそんな自分の無力さは忘れて、私のこれからの働き方について考えていきます。

スポンサーリンク

副業は必須

私は今回のコロナ禍で収入源が1つであることのリスクの大きさを改めて実感しました。

コロナの影響で強制的に仕事ができなくなった人は多く、そんな人たちが副業をしていなかった場合、様々な補助が合ったとしても収入は限りなくゼロに近いものになります。

 

もし、私が会社から「明日からの業務を全て停止する、だから給料は払えない」と言われたら、生活していく自信が全くありません。

だからこそ、突然仕事がなくなっても生活を続けられるように、もう1つの収入源が必要です。

 

副業はこれまで以上の収入を獲得し、優雅な生活を送るための手段ではなく、現在の本業の仕事が無くなっても困らないためのリスク分散と考えるべきです。

 

もちろん、副業も1つに絞ることなく、いくつかの収入源を確保するべきだと思います。

しかし、いきなり複数の副業に取り組むことは体力的にも難しいので、まずは1つの副業を始めてみることが大切です。

働く場所を選ばない

今回のコロナ禍では働く場所についても考えさせられました。

毎日、満員の電車やバスに乗って通勤することは本当に必要だったのでしょうか。

 

コロナの影響で出勤できないという事態を考えると、副業は自宅や近所のカフェ等でも取り組める、つまり働く場所を選ばない仕事にするべきだと思います。

これなら仮に本業が出勤できない状況になったとしても、副業だけは続けて仕事をすることができます。

 

また、私のような単身赴任者であれば、東京から地元に帰ったとしても副業をやめることなく継続することができます。

これからの時代では働く場所を選ばないことはとても重要なポイントです。

まとめ

今回は副業について少し触れましたが、私は全くと言っていいほど副業で稼いでいません。

むしろ、どんなことを副業にしたら良いか未だに迷っています。

それでも副業について考えることで少しずつ前に進みたいと思います。

ということで明日の目標は「瞑想する」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました