時短方法を調べました

サラリーマン
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

 

土日にブログの更新ができず、2日ほど間が空いてしまいました。

土曜日は仕事で疲れ果てて、日曜日はやること盛り沢山でブログを書く時間が作れませんでした。

最近は平日もゆっくりする時間が確保できないほど予定が詰まっています。

 

ということで、前回は少しでも時間を作るために「時短方法を調べる」を新しい目標に設定しました。

スポンサーリンク

時短のためにしていること

時短方法を調べる前に、私が現在実践している時短方法をご紹介します。

仕事編

私の場合、仕事での最も効率的な時短方法は「タスク一覧表を作る」です。

多くの仕事がある中で優先順位を決めて1つ1つ取り組むことが重要であり、複数の仕事を同時進行してしまい、結局全てが中途半端に終わることを防ぎます。

 

私のやり方は、まずやるべき仕事を全て書き出し、締め切りと実施期限を設定します。

実施期限は締め切りの2日前くらいに設定することで、急な用事が入った場合でもしっかりと締め切りに間に合うように設定します。

 

そして、実施期限ごとにタスクを整理した後、その中でも優先順位の高い順に仕事を片付けていきます。

タスクが実施期限内に終わらなくても焦らず、翌日に繰り越します。

 

もともと実施期限を締め切りの2日前に設定しているので時間に余裕があり、締め切りに追われながら残業する必要がありません。

 

この方法を実践してからは仕事の効率が格段に上がり、時間に余裕を持って仕事に取り組めるだけではなく、無駄な残業も大幅に削減することに成功しました。

家事編

家事で最も時短できていると感じるのは「こまめに取り組む」ことです。

 

洗濯や掃除などは洗濯物やホコリがある程度溜まってからまとめて片付けるのが効率が良いと思っていました。

しかし、洗濯物を溜めてしまうと干すのに時間がかかったり、ホコリや汚れを溜めてしまうと掃除するのに時間がかかってしまいます。

 

また、溜まっているということは放っておいても見た目には大きく変わりがないし、片付けようと思っても時間がかかる分、気持ちが重かったりします。

 

一方で、こまめに取り組む場合は洗濯物やホコリ、汚れの量が少ないので、1回あたりの作業量は少なくすみます。

また、時間がかからない分、軽い気持ちで作業に取り掛かることができます。

 

結果として、洗濯や掃除はこまめに取り組んだ方が綺麗な家を保つことにつながります。

時短方法を調べました

次に、インターネットを使って調べた時短方法をご紹介します。

仕事編

仕事に関して効果が高そうな時短方法は「整理整頓」です。

身の回りの整理整頓ができていれば、書類や仕事を探す手間が省け、結果として時短ができます。

 

デスクの上に置くものは必要最低限の物だけに限定し、使用したものはデスクの上に置きっぱなしにせず、その都度合った場所へ戻します。

また、書類についても引き出しに適当に入れるのではなく、しっかりと分類した上でファイルします。

そうすることで、必要な書類がすぐに見つかるだけでなく、仕事の進捗管理などもできます。

家事編

家事に関して実践したいと思った時短方法は「1週間分の献立を作る」です。

 

あまり出歩ける状況でもないので、毎日のように家で自炊して食事をしています。

しかし、レパートリーが少ないのですぐ飽きてしまい、夕方には献立に悩むのが日課です。

 

時間がある週末に1週間分の献立を作成してしまい、それに合わせて買い物も済ませてしまえば、こんなに楽なことはありません。

まとめ

仕事にしても家事にしても、効率よく作業をこなし、時間に追われることなく毎日を過ごしたいです。

そのためにはより良い時短方法を日々勉強しながら、毎日の生活に取り入れていきたいと思います。

ということで、明日の目標は「デスクの整理整頓」をするです。頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました