新幹線での出張が多いサラリーマンへ。東北新幹線で使えるWi-Fiの紹介。

サラリーマン
スポンサーリンク

こんにちは、まめしば(@mameshiba1801)です。

みなさんは東北新幹線でWi-Fiが利用できることを知っていますか?

先日、友人と話していたら意外にもWi-Fiを利用できることを知らない人が多かったので、今回は東北新幹線で使えるWi-Fiをご紹介します。

スポンサーリンク

東北新幹線ではWi-Fiが使える

東北新幹線ではJR東日本が提供しているWi-Fiサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」が利用できます。
※車両によっては利用できない場合もあるようなので、車内にステッカーがあるか確認してみてください。

利用方法はWi-Fi設定でSSID「JR-EAST FREE Wi-Fi」に接続したあと、メールアドレスを登録するだけです。

JR-EAST FREE Wi-Fiのメリット

この「JR-EAST FREE Wi-Fi」の最大のメリットは無料ということです。

また、1日に何回でも利用することが可能ですが、1回の接続時間は180分(3時間)までです。

東北新幹線が北海道の「新函館北斗駅」まで伸びたことで、東京~新函館北斗間の移動時間は最大約4時間30分になりましたが、一度Wi-Fiを繋いでしまえばそのほとんどの時間で利用することが可能です。

JR-EAST FREE Wi-Fiのデメリット

JR-EAST FREE Wi-Fi」のデメリットを1つだけ挙げるとすれば、トンネルや山間部では利用できない場合があるということです。

これは携帯電話やスマホと同じ電波を使用しているためです。

函館~青森間の海底トンネル、青森~盛岡間のようにトンネルが多い区間は利用することが難しいのでやや不便に感じます。

まとめ

上記のようにデメリットがあることは確かですが、無料でWi-Fiが利用できるということは私たちにとって大変便利なサービスではないでしょうか。

東北新幹線をご利用の際はぜひ一度「JR-EAST FREE Wi-Fi」を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました